新築 リフォーム 注文住宅 蓄熱 輸入住宅 モデルハウス 山梨県都留市
  • 耐震補強

木造住宅用地震対策制震システム TRCダンパー

  • 揺れを制して地震に備える

    TRCダンパーは、地震エネルギーを揺れに応じて吸収。そのエネルギーを熱に変えて放出する特殊なゴムを内蔵しています。
    このゴムの特徴により、建物の揺れを大幅に低減。揺れを抑えることで壁の損壊や家具転倒を防止します。

    「倒れない家」だけでなく「壊れない家」にするために生まれた木の家のための制震システム、TRCダンパー。地震に対して敏感にならざるを得ない今、お伝えしたい技術です。

  • TRCダンパーのメリット

    建物の倒壊・変形も抑えて、余震にも高い効果が望めます。

  • 高い制震効果・繰り返しの地震に強い

    震度6強で水平変位を最大50%程度揺れを吸収。建物の損傷被害の軽減が期待できます。特殊粘弾性ゴムが地震エネルギーを吸収し、耐震に比べて建物へのダメージの蓄積が小さく、余震などの繰り返しの地震にも高い効果が期待できます。

  • メンテナスフリー

    TRCダンパーの特殊粘弾性ゴムは、時間経過や温度による性能の変化が少ないため、メンテナンスがなくても優れた効果を持続できます。(60年相当の加速試験で性能変化が10%以下であることを確認※メーカー試験による)

  • 新築・リフォーム向け認定・評価を取得

    ●国土交通省の大臣認定「壁倍率1.3」を取得(認定番号FRM-0372)
     新築時は耐力壁として耐震等級の工場に繋がります。
    ●(財)日本建築防災協会、技術評価を取得(認定番号PDA-住技-28-1)
     リフォーム時は耐震補強の補助金対象工法となります。

地震に強い家づくり ARS工法

  • ARS工法登録工務店

    当社はARS工法の登録工務店です。安心してお任せ下さい。

  • ARSロープの後付施工で耐震性を向上させる新工法

    地震の際、縦揺れ・横揺れにより、構造材の要である柱の端部が抜けてしまうこと(ほぞ抜け)が、木造住宅倒壊の決定的な原因となります。ARS工法は、簡単な後付け施工でほぞ抜けを防止し、耐力壁の潜在能力を最大限に引き出します。
    しかも、工期が短くローコストという画期的な新工法です。

    居ながら改修可能で、外壁の一部を取り除く工事で済む短工期で低価格です。